【DOBERMAN INFINITY】2018年9月26日(水)発売「YOU & I」

固い絆で繋がる相手への何よりも優しい気持ちを力強くも見守るように綴った、
「HiGH&LOW」シリーズのスピンオフ最新作『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』主題歌。
P-CHO率いるプロデュースチーム「OLDMANWILDIN’」が制作を担当し、
映画への完全書き下ろし楽曲となっている。
カップリング2曲にはDOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018から「THE NAME」、「ON WAY HOME」のLIVE音源を収録。

●タイプの異なる3曲を収録した前作「SUPER BALL」ですが、リリースを経て改めてどのようなシングルだったと実感していますか?
 KAZUKI 「タイトル曲の「SUPER BALL」、カップリング曲の「HELLO」と「GET UP AND DANCE」と3曲すべてが違うアプローチの曲でありながら、すべて自分たちのものにして表現できていることが、DOBERMAN INFINITYが掲げるALL ROUND HIP HOPだなと感じています」
 SWAY 「KAZUKIが言ったように、ALL ROUND HIP HOPというDOBERMAN INFINITYらしさが表現できた作品になりました。前々作『OFF ROAD』とはまた違ったチャレンジができましたし、今作で5人5色という個性がはっきりと浮かび上がったんじゃないかなと思います」
●全国16ヶ所18公演となる『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR ~PARTY ON THE OFF ROAD~』でも「SUPER BALL」が披露されました。ライヴでの反響を、みなさんはどのように受け止めましたか?
 P-CHO 「ツアーの後半からライヴのセトリに取り込んだのですが、「SUPER BALL」の曲力に手応えを感じましたね。ライヴの武器になるというのはわかっていたので、どうすればさらに破壊力を増すかを探っていたのですが、ツアーを経て「SUPER BALL」の魅せ方が完成しました。自信を持ってライヴの盛り上げコーナーで披露できる曲になったと思います」
 KUBO-C 「ライヴではコール&レスポンスもやれたし、僕たちが考えた振りもお客さんがやってくれたし、曲のノリがいいがゆえに一緒になって踊ってもらえたんだと思います。本当に曲力があるので、来年の夏もこの「SUPER BALL」で盛り上がれるんじゃないかなと思いました」
●そんな7thシングルに続き、9月28日(金)から3週間限定で公開される『HiGH&LOW』シリーズのスピンオフ最新作『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の主題歌となる8thシングル「YOU & I」が完成しました。映画への完全書き下ろし楽曲ですが、どのような想いで制作していったのでしょうか?
 P-CHO 「まず映画を観させてもらって、そこから感じ取ったメッセージを楽曲にすることで、この取り組みが壮大なものなるようにという想いで制作しました。「YOU & I」というタイトルは、誰に置き換えてもらってもいいんですけど、映画を観て歌詞を見ると具体的にイメージしてもらえるんじゃないかと思います」
 KUBO-C 「曲を聴いた時点で、映画の雰囲気はある程度イメージできました。だから、映画を観てからこの曲を聴くと、伝わるものは増えると思います」
 SWAY 「映画を観ていない人が聴いても、楽曲として成立していることが大前提だったので、客観的に見て歌詞を修正した部分もありました。映画を観てから改めて曲を聴いてもらうと、この歌詞の深さにさらに気づいてもらえると思います」
 KAZUKI 「映画のためだけの楽曲ではないというのが、この「YOU & I」に対する僕の感想です」
 GS 「映画のストーリーが曲になっているというわけでは決してなくて、自分自身と向き合っている人に対して歌っている曲なんですよね。映画の主人公はもちろんなんですけど、登場人物の人間味にリンクする主題歌だと思います。日々何かにがんばっている人は心にリンクするものがある歌詞になっていると思いますし、KAZUKIの歌が入ってくるサビの部分でグッと来てくれる人は多いのではないかと感じています」
●映画のシーンが挿入されたMVですが、日本武道館への夢などみなさんの想いも感じさせる映像でした。改めて、このMVに込めた想いを聞かせてください。
 P-CHO 「冒頭で僕たちの写真が出てくると思うんですが、実は2015年の正月にメンバー全員で撮ったものを僕が現像して、フレームを作って「武道館でやりましょう」というメッセージを添えて4人に渡したエピソードがあるんです。そういった思い出の写真が実際にMVに登場するので、当時の誓いを改めて確かめることにもなりましたし、歌詞に絆という言葉が出てくるんですが、DOBERMAN INFINITYにとっての絆ともリンクしている曲であることがMVでしっかり表現できたと思っています」
 KAZUKI 「武道館ライヴという夢は、AK-69さんのワンマン・ライヴに出演させていただいた時に、さらに強くなりました。アリーナ・ツアーという夢は、今でも夜一緒にメンバーで飲む時も話していますし、そういった等身大のDOBERMAN INFINITYの雰囲気や想いを感じてとってもらえるMVになったと思います」
 KUBO-C 「でき上がったMVを観て、とにかく感動しました。自分たちが出演している映像を観て感動してしまったのも、メンバーの絆であったり等身大の姿を表現できた映像だったからだと思います」
 GS 「このMVではDOBERMAN INFINITYの絆をストーリーにできたらと思って制作しました。さっきCHOちゃんも言いましたが、2015年に正月に撮ってメンバーにプレゼントしてくれた写真は、僕の家の棚にもずっと飾ってあります。そして、今回夢の武道館ライヴが決定して、やっと胸を張って「武道館をやるぜ!!」と言えるところまで来たなと思っています。でも、実はMVを撮った時点ではまだ武道館ライヴは決まっていなかったんですよ。もしかしたら、今回のMVが武道館を引き寄せてくれたのかもしれませんね」
●改めて今作「YOU&I」は、リスナーにどのように聴いてもらいたいですか?
 P-CHO 「今作「YOU & I」を映画『DTC – 湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』の主題歌に起用していただいて、自分たちも凄く嬉しいです。映画が素晴らしい内容だったので、その世界観が放つメッセージを感じてもらいながら「YOU & I」を聴いていただければと思います。そして絆の大切さというのを改めて感じていただきたいです」
 KAZUKI 「この曲が背中を押せる曲になればいいなと思っています。特に今回の「YOU & I」に関しては、深いところまでしっかり歌詞を聴いてもらうことで、誰かの力になれる曲だと思うんです。どうかたくさん聴いてもらって、いろんなことを感じてもらえれば嬉しいです」
●カップリングには、日本ハムファイターズの西川遥輝選手の登場曲として制作され、アルバム『OFF ROAD』で初収録となった「THE NAME」がライヴ・バージョンとしてクレジットされていますが、今回の経緯を教えてください。
 SWAY 「2ヶ月連続リリースということもあり、そしてツアーも終わってしまうということもあり、カップリングにはライヴ音源を収録しようとメンバー会議で決定しました。「THE NAME」は西川選手に書き下ろした曲ですが、やっぱりライヴ音源になったことでさらにパワーが増したと思いますし、みなさんへの応援歌としても聴いてもらえたらと思います」
 GS 「西川選手の登場曲として書き下ろさせていただいた曲ではあるんですけども、今もなおプレイヤーでい続けたい自分たちに対するメッセージでもあるんです。僕たちは常に自分たちらしく進んでいるので、この気持ちをみなさんにもう一度伝えたかったという想いでライヴ・バージョンを収録しました」
●先の『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR ~PARTY ON THE OFF ROAD~』で披露し、来場者にはどのように感じてもらえた楽曲だと思いますか?
 KAZUKI 「生バンドになってからのアレンジもありますし、僕たちの熱い魂みたいなものを感じていただけたんじゃないかなと思います。ライヴ映えする曲ですし、改めて「THE NAME」の曲力が伝わればと思っています」
 P-CHO 「KAZUKIも言ったように、バンド映えする曲だなという実感はありますね。バンド・メンバーの方々と音を出せるのもツアーならではの世界観なので、そこもぜひ今作で楽しんでいただきたいです。DOBERMAN INFINITYの内に秘めるカッコよさみたいなのを、「THE NAME」のライヴ音源から感じてもらえたらいいかなと思います」
●ライヴ音源を作品に収録するのは初めてのことだと思いますが、改めてどのように楽しんで欲しいと思いますか?
 KUBO-C 「日本ハムファイターズの西川選手の登場曲で使ってもらっている曲ですが、気持ちを奮い立たせるという面では自分たちにとっても、そして聴いているリスナーの人たちにも共通する部分だと思っています。バンド・サウンドでパワーアップしたライヴ音源で、そんなところを感じていただければと思います」
 SWAY 「やっぱりDOBERMAN INFINITYのライヴに来たことのない人に、ライヴへ行ってみたいと思ってもらえたら嬉しいです。もちろん今回のツアーに来てくれた方にとっても、ライヴの光景が目に浮かぶ音源になっているはずです」
●同じくカップリングには、「ON WAY HOME」のライヴ・バージョンが収録されていますね?
 P-CHO 「DOBERMAN INFINITYにとって大切な曲で、いつもライヴの終盤にSWAYがデザインしてくれたタオルを掲げて、みんながひとつになるという光景が広がる曲なんです。自分たちにとって毎回忘れられない景色を与えてくれる「ON WAY HOME」のライヴ音源を収録することで、僕たちのライヴに来たことがある人にはあの光景を思い出してもらえればと思っています。まだライヴに来たことがない人には、ぜひ今作を聴いてから足を運んでいただきたいですね」
●今作のジャケットは、前作とは一変、これまでのDOBERMAN INFINITYにもなかったアプローチかなと思いますが、その辺についてどのような感想を持っていますか?
 GS 「「YOU & I」という曲のメッセージや伝えたいことをジャケットで表現するに当たって、シンプルにひねりなしに表現できたかなと思います。前回の「SUPER BALL」とはまったく違って、メンバーが顔のみで表現して真正面から自分たちの届けたいメッセージを発しているようなイメージなので、そんなところも感じていただきたいです」
 SWAY 「新しいサウンドや新たなチャレンジもあった作品なので、そこをジャケットからも感じ取ってもらえたら嬉しいです」
●最後に、2018年の後半戦はDOBERMAN INFINITYとしてどのような想いで活動していこうと思っていますか?
 GS 「〈DOGG YEAR〉ということで、 毎月ワンの日(1日)には何かしら発表してきました。残り数ヶ月、発表できるタイミングは限られているので、最後まで手を緩めることなくみなさんにワクワクを届けていきたいと思います。次の〈DOGG YEAR〉は何歳になっているのかなんてことも考えますが(笑)、とにかくかけがえのない1年にしたいですね。それは自分たちにとっても、そしてみなさんにとっても。忘れられない1年にするという意味では、来年も再来年も〈DOGG YEAR〉と同じ気持ちで活動していきたいと思っています」

interview:NOBUHIKO MABUCHI

CD情報

2018926日(水)発売
YOU & I

LDH MUSIC
[CD+DVD]XNLD-10018/B \1,700(税込)
[CD]XNLD-10019 \1,2000(税込) 

ライヴ情報

D.I.初の日本武道館公演がついに決定!

DOBERMAN INFINITY 2018 DOGG YEAR  FULL THROTTLE in 日本武道館』

日程:20181112日(月)

会場:日本武道館

【公式HP
dobermaninfinity-ldh.jp/

megumi

1983年生まれ たくさんの方に楽しんでもらえるような情報を伝えていければと思います!

プロフィール

関連記事一覧