【夏バテに効果的】ホヤを食べよう

皆さんは、海のパイナップルと呼ばれる、ホヤという食べ物をご存知でしょうか。

宮城県では、主に三陸沿岸で養殖されており、シーズンは、5月〜8月とされ、昨年までは、珍味として、韓国などといった海外にも輸出されていました。

日本の漁獲高の8割が、三陸のもので、仙台に住んでいる方は、新鮮なホヤが安価で、たくさん食べられるのです。

ホヤを手に入れるためには

ホヤを手に入れるのは、わりと簡単で、市内のスーパーの鮮魚売り場には、殻付きホヤや、殻をとって身だけが袋に詰まったものなど、バラエティ豊かに取り揃えてあります。仙台には、有名な市場もあり、仙台駅すぐ直近の仙台アメ横や、若林区にある場外市場杜の市場などでも、手に入りやすい食べ物であり、これは本当に仙台ならでは、宮城県ならでは、価格帯は、ひとつ100円〜高くても200円程度です。

ホヤを食べよう

ホヤは、自分でさばくのも簡単です。

さばき方を簡単に説明しますと、突起が二箇所あり、よーくみると、その先端に+と−が見えるので、そこを両方いっぺんに切り落とし、はしをストンとそのまま切り落とし、縦に包丁をいれます。

殻から色鮮やかな身を取り外し、黒い部分(ウロというそうです)を取って、食べやすい大きさに切ります。

そのままお刺身で食べても美味しいですし、ホヤと1番相性がいいのが、カリウムたっぷりのキュウリで、三杯酢でワカメを添えて食べると絶品です。

美容にもいいし、夏バテにもすごく効果のあるホヤ、これは食べなくては!ですね。

ホヤは、市内のお寿司屋(写真:ララガーデン長町       函太郎寿司)さんや、居酒屋などでも、安価で提供されていて、最近では、仙台駅に専門店が出来たほどです。お店はあとで、ご紹介します。

ほやぼーやが可愛い!

気仙沼のPRキャラクターなのですが、ほやぼーやというゆるきゃらがあり、公式ホームページもあります。

たくさんのホヤぼーやグッズが、専門サイトや、道の駅などで販売され、若い女性たちに、たいへん人気があるそうです。

お店情報

◯仙台朝市アメ横商店会

仙台市青葉区中央3ー8ー5   10:00〜16:00   日・祝日休み

◯仙台場外市場  杜の市場

仙台市若林区卸町5丁目2ー6  9:00〜19:00

◯ほや&純米酒場  仙台駅前店(ほや専門店)

仙台市青葉区中央1ー6ー39   菊水ビル仙台駅前館 3階   022-796-6226   17:00〜0:00    月曜定休日

立花聡美

仙台や宮城の素晴らしさをお伝えするべく、日々努力しています。 たくさんの方にご訪問頂き、感謝の気持ちをお届けできたらと思います。

プロフィール

関連記事一覧