• HOME
  • ライフ
  • 【仙台・ペットの里親になろう!】動物が飼えなくてもできること

【仙台・ペットの里親になろう!】動物が飼えなくてもできること

殺処分ゼロを目標にしている自治体は多いのですが、実際は「飼いたいけど飼えない」という人が多いのも問題です。住宅事情であったり、経済状態であったり、アレルギーの問題もあります。

そのため「里親になりたいけどなれない」という人がたくさんいます。しかし、そんな里親になりたいけどなれない人でも、保護犬や保護猫の手助けをすることができます。今回は、「動物が飼えなくてもできること」についてご紹介します。

民間の動物保護団体に寄付しよう

殺処分される子たちがかわいそう、だけどできることは何もない、と思っていませんか?少しでも力になりたい、と思った方は「寄付」という協力方法があります。

ももざくら http://momo-zakura.com/sien.html#food

動物保護グループの「ももざくら」さんでは、保護した犬や猫をシェルターで一時保護しています。里親さんを募集していますが、見つかるまでの間はボランティアのスタッフさんがお世話をしてます。

保護された犬や猫の避妊去勢費用、エサや治療代というお金の面でも、サポートが必要です。もし「ちょっといいことがあったから募金しよう!」という気持ちが起きたら、少しでも寄付してみてはいかがでしょうか。

また、飼っていたペットが亡くなってしまって、買っておいた餌や備品などを使ってもらいたい、保護犬や保護猫にごはんをあげたい、という人は、現物での寄付もできるので協力しましょう。

http://momo-zakura.com/sien.html

動物保護のボランティア募集

また、実際にボランティア活動に参加することもできます。自宅で飼育はできないけど、休日などを使って保護犬・保護猫支援のお手伝いをしたい、という方は募集しているボランティア団体を探してみましょう。

おりネコハウス 仙台市青葉区作並

https://satooyaoritate.jimdo.com/%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%8B%9F%E9%9B%86/

一部ですが「おりネコハウス」さんのように、実際にボランティアスタッフを募集している団体もあります。また、身近な人が「ペット飼いたいなあ」と言っていたら、譲渡会に誘ってあげるなども、立派な支援となります。「飼えないけどできる支援」はたくさんあるので「殺処分されるペットがかわいそうだ」と思ったら、できるところから協力してみましょう。

福永知世

1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。福永緑丸名義で共著『怪談実話コンテスト傑作選 痕跡』(メディアファク トリーMF文庫)がある。http://mil...

プロフィール

関連記事一覧