• HOME
  • ライフ
  • 【遠距離恋愛のコツ】このピンチを結婚に繋げるポイント

【遠距離恋愛のコツ】このピンチを結婚に繋げるポイント

遠距離恋愛をきっかけに別れるカップルもいますが、同時に「遠距離恋愛のおかげでゴールインしました」というカップルもいます。遠距離恋愛は必ずしもピンチとは言えません。チャンスとして捉えれば、次のステージへの踏み台となります。今回は、遠距離恋愛をきっかけとして結婚に繋げるためのポイントをご紹介します。

前向きに捉える

まずは遠距離恋愛に対してネガティブなイメージを張り付けないことが大事です。「遠距離恋愛をすれば彼が浮気するのでは、私から心が離れてしまうのでは」と深く考えないことです。

むしろポジティブに「こういう期間があってもいいよね」とか「お互い自立して成長できるね」と考えることができれば、成功です。

というのも、男性は逆に「浮気を疑われるのでは」とか、同じく「彼女の心が離れていくのでは」と心配しています。遠距離恋愛を楽しもうという姿勢がある女性は、男性にとって魅力的です。

安心して留守を任せられる

男性が「この女性と結婚したいな」と思うポイントはどんなところでしょうか。おそらく「会いたい」と言って泣きついてくる女性よりも、安心して留守を任せられるような強さがある女性の方が結婚したいと思います。

もちろん、会える時には甘えたほうがいいのですが、それ以外の部分では「信頼できる女性」でなければなりません。長期間留守にしても、自分の財産を預けておけるな、家族をお願いできるな、という安心感を与えるようにしましょう。

会えない期間をどう過ごすか

遠距離恋愛から結婚に至る過程で、一見関係ないように見えるのが「会えない期間の過ごし方」です。これは、たとえば転職の時の「次の仕事が決まるまでの時間」であったり、急に仕事が暇になって何もすることがなくなった時に、有意義に過ごせるかどうか、というのに似ています。

このときに「彼がいないと何もできない」「寂しくて何もできない」という感じになってしまう女性は遅かれ早かれ彼とはお別れすることになり、むしろ「彼がいないうちに、彼がいるとできないことを思い切りやっちゃえ」というタイプの方が結婚する傾向にあります。

彼がいるとできないこと、に関しては人によって違いますが、飲み会に参加したり、友達と思い切り遊びまくったり、趣味に没頭するのもありでしょう。結婚してしまったらできなくなることがたくさんあるので、会えない期間を自分なりに充実させることが大事です。

福永知世

1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。福永緑丸名義で共著『怪談実話コンテスト傑作選 痕跡』(メディアファク トリーMF文庫)がある。http://mil...

プロフィール

関連記事一覧