• HOME
  • ライフ
  • 【節約ライフハック】意外!節約をやめるとお金が貯まるって本当?

【節約ライフハック】意外!節約をやめるとお金が貯まるって本当?

節約しているはずなのにお金が貯まらない!なんてことはありませんか?確かに、あれもこれも、欲しいものはみんな我慢しているはずなのに、なぜ?

そんなとき「節約をやめる」と意外とお金が貯まるものです。なぜでしょうか。今回は、節約をやめるとお金が貯まる謎についてご紹介します。

その節約は節約じゃない?節約の「真の敵」とは

毎日ちょっとずつ節約している、頑張っているのに一向にお金が貯まらない!と言う人がいます。支出の面から言えば、確かに以前より毎月数千円浮いているし、節約には成功しているように思えますが、ここには大きな落とし穴があります。

それは「頑張ってもこれっぽっちしか節約できない」ということです。頑張って交通費をケチって歩いたり、エアコンを使わないなどの努力をしても、毎月数千円浮くだけ。これでは「節約した甲斐」というものがありません。

実は、節約の真の敵は「頑張っているのになぜ」「努力しているのになぜ」という「報われなさ」です。そのため、節約しても一向にプラスに転じているような気配のない人は、節約をやめてお金を稼げる職業に転職したほうが「貯蓄」という面ではうまくいきます。

節約が向かない人・向いている人

節約生活には、向いている人と向かない人がいます。向いている人は規則正しい生活をしていて、自然と節約が身についている人です。派手は好まず、外食もしません。ミニマムな生活を好み、今の生活に満足している人は節約できます。

しかし、今の生活に満足がいかず、外食が好きで交際が多く、小さな我慢がストレスになる人は節約には向きません。お金の貯め方は節約以外にも「収入を増やす」という方法があります。小さな我慢を重ねるよりも、そのパワーを仕事に向けることで収入を増やすことができます。

「節約=贅沢しない」ではない

節約というと、どこか質素に淡々と生活していくというイメージですが「贅沢を一切しない」ということではありません。何が贅沢なのかは人によって違いますが、貧しい生活をするのではなく、しっかり娯楽を取り入れていくことが鍵となります。

確かに、やりたいことを全部行う、ということはできないかもしれませんが、適度に娯楽を取り入れ、欲求を発散していくことが大事です。また、お金は貯め込むばかりでもいけません。血液のように循環させることが大事です。「なぜか最近あまり貯まらない」と感じたら、適度にお金を使うことも大事なことです。

福永知世

1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。福永緑丸名義で共著『怪談実話コンテスト傑作選 痕跡』(メディアファク トリーMF文庫)がある。http://mil...

プロフィール

関連記事一覧