• HOME
  • ライフ
  • 【こんな時にはこんな花】花を食べる?エディブルフラワーレシピ

【こんな時にはこんな花】花を食べる?エディブルフラワーレシピ

春と言えば花の咲く季節…道を歩いていても、ちらほらお花を見かける季節です。そこでおすすめしたいのが「食用花」です。最近では、サラダに混ぜて食べる、お菓子に加工するなど、美しい見た目を利用したものを多く見かけます。今回はそんな「お花を食べる」レシピなどをご紹介します。

エディブルフラワーとは?

「お花は食べ物じゃない」と思っている人も多いですが、日本では「食用菊」など一般的に食べられてきました。最近では菊以外にも「食用栽培されたカラフルな花」としてエディブルフラワーを見かける機会が増えました。

エディブルフラワーとは「食べられるお花」のことで、観賞用としてではなく「食べても大丈夫なお花」として作られ、販売されているものです。

ただ、すべての花がエディブルフラワーではないので、観賞用の花を食べるのは危険です。中には食用に向かない有毒な植物もあるので注意しましょう。あくまで食べていいのは「エディブルフラワーとして販売されているもの」に限定されます。

どこで売ってるの?

スーパーなどの食品コーナーで売っている場合もありますが、置いている店舗は限られています。そのため、確実に手に入れたい場合は通販がおすすめです。

株式会社プラッツ http://www.villagestore.jp/edibleflower/

パック販売されており、パーティー用のおもてなし料理にぴったりです。また、砂糖で煮るなどの加工も楽しいですね。

エディブルフラワーのレシピ

エディブルフラワーの鮮やかさを100%引き出す調理法はどんなものでしょうか。おすすめはゼリーなどに花を閉じ込める方法です。

エディブルフラワー食用花のゼリームース https://cookpad.com/recipe/2536870

こちらのレシピは、ゼリーの部分にエディブルフラワーをあしらったカラフルなゼリームースです。使用するお花の種類などによっても表情が変わり、フォトジェニックなスイーツとなります。使用する型によってもいろいろなアレンジができて楽しいですね。

さわら燻製のお花畑サラダ https://cookpad.com/recipe/4391074

また、いつものおかずもお花をのせるだけで華やかになるので、ちょっとした来客時にも役立ちます。ほんの少しお花を添えるだけで表情が変わります。

福永知世

1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。福永緑丸名義で共著『怪談実話コンテスト傑作選 痕跡』(メディアファク トリーMF文庫)がある。http://mil...

プロフィール

関連記事一覧